【起業準備入門】ビジネスコンセプトを決める4つの公式


From   宇部和真

コンセプトづくりにおいては、4つの点から考える必要があります。

「誰が」×「誰に」×「何を」×「どうやって」

の4つです。

 

つまり、

1、どんな問題を解決できる人が
2、どんな悩みや課題を抱えている人に
3、どのような価値を提供し
4、どうやってお仕事を依頼すればいいのか?

という4つのポイントを明確にしておく必要があります。

 

ここで明確なコンセプトができれば

・あなたは私に何をしてくれる人なのか?
・あなたにお願いすることでどんな結果を手に入れることができるのか?

というクライアントの心に刺さる提案ができるようになります。

ぜひこの4つの点から、ビジネスコンセプトを決めてみてください。

 

■ビジネスコンセプトを決める4つの公式〜まとめ

いかがでしたか?

ビジネスコンセプトが成功を握ると言っても過言ではありません。

常にこの4つの公式を使って自分が発信すべきメッセージを作り、出逢いたいお客様を惹き寄せていきましょう!

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

 

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。