【起業準備の中級〜上級編】正しい月収目標の考え方


From   宇部和真

この記事では、正しい月収目標の考え方 について解説します!

起業を考えるとき、まず最初に決めなければいけないのは、月収目標です。
というと驚かれる人も多いですが、実際に起業すればこの数字を決めることは当たり前になります。

 

今日はその理由に対して詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 

■会社員と起業家の大きな違い

会社員と起業家の違いって、なんだと思いますか?

肩書きが違う?
仕事の内容が違う?
収入が違う?

もちろん、それらも違うのですが、もっと大きな違いがあります。

 

それは、

 「仕事」に対する考え方の違いです。

具体的には、「仕事」において、

会社員の仕事は、仕事は行動重視。
起業家の仕事は結果重視。

具体例を挙げてご説明します。

 

会社員は、”行動”に対して給料をもらうのが仕事です。
つまり、働いた「時間」に対して給料をもらうというのが前提にあります。

だから、全く売上をあげられなかったとしても
1ヶ月間働けば、その「行動」に対して、1ヶ月分の給料がもらえます。

多少仕事をサボったとしても、1ヶ月分の給料がもらえるのです。

 

しかし、起業家の仕事は違います。

 

起業家の仕事においては「結果」、つまり売上をあげないと、
給料がゼロということもありえます。

これが起業家の仕事です。

つまり、起業家にとって、最も大事なことは、
常に結果を出しているかどうかなのです。

 

だから、起業して頑張るというのは
働いているような「行動」をするということではありません。

やっても結果が出なければ、
それは起業家の仕事ではないのです。

 

だから結果を出して入れば、1日2時間しか働かない人でも
毎日12時間働いていて結果が出ない人よりも勝っているのです。

 

起業家になるというのは、
とにかく目の前の仕事をこなすということではなくて
頭に汗をかいてどうすれば目標とする金額を稼ぐことができるのかを考え抜き

そして行動することなのです。

 

■期日を決める

起業家は誰かに指示されたり、誰かに目標を決められることもありません。

日本の教育過程では、常に社会が期限を決めて来ました。
会社員になってもそうです。

常にやるべきことは目の前にあって
それをこなしていくのが当たり前となっています。

 

起業家は違います。

自分で目標を立てて、自分で期日を設定し、自分で考え行動する。

これが起業家です。

ですから、まず起業を考え始めたら目標を立てることが大切です。

「いつまでにどうなっていたいのか?」

このことだけを考え、それをいつまでに達成させるのか?

具体的な期日を設定します。

「目標を立てましょう」という人がいますが、
期日まで設定させてくれる人は実際のところは少ないです。

 

期日があるから目標に迎えるということなので
しっかりと自分自身の目標を考え抜いて期日を設定する。

ぜひ、このことを習慣化してみてください。

 

■必要な金額を洗い出す

それでは、正しい月収目標の考え方です。

起業家は夢を叶えることが仕事といっても過言ではありません。
結果を出してさえ入れば、思った通りの人生を歩むことができるのも事実です。

だからこそ、あなたのやりたいことを紙に書き出してみてください。

 

あなたのやりたいこと、欲しいもの、行きたいところ、食べたいもの、欲しいもの。

あなたの「やりたい!」を書き出してみましょう。

 

そしてお金のかかるものかからないものに分けたら
次に、お金のかかるものはいったい、いくら必要なのかを計算してみましょう。

ここで書き出した金額を1年以内にすべて達成させるとすれば、
必要な金額を12ヶ月で割ってみる。すると、月収いくらが必要なのかが見えてきます。

もちろん、「やりたいこと」の他にも「生活するために必要な金額」も同時に考えていくべきです。

 

あなたの夢を叶えるために必要となる金額(月収)はいくらでしょうか?

これが夢を叶えている起業家がやっている金額の算出方法です。

 

■【起業準備の中級〜上級編】正しい月収目標の考え方~まとめ

いかがでしたか?

正しい月収目標は、あなたの夢を叶えるために必要な金額を算出すること。
必要な金額に理由があれば、それは手に入れることができます。

お金の使い道を先に決めると入ってくる、出入口の法則。

ぜひ、金額の算出をしてみてくださいね!

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。