自宅で起業する3つの手順:女性が目指せるオススメ起業職種もご紹介


From   宇部和真

自宅で起業したいとお考えの方へ

「自宅で起業するって理想的…。できれば家から一歩も出なくても仕事ができるようになりたいけど、そんなことってできるの?具体的に自宅で起業するための方法を教えてください。」

こういった疑問にお答えします。

 

✔️本記事の内容

・自宅で起業する3つの手順

・自宅 兼 事務所化に必要な3つをご紹介

・女性が目指せる起業職種5選

 

✔️記事の信頼性について

この記事を書いている僕は、起業7年目。
現在は、雇われない生き方をしたい人を対象としたコンサルティングを行っています。

実績としてはこれまでに述べ、2000人以上の独立・起業に関するお悩みを抱えている方のご相談依頼を頂いています。
これまでにサポートしてきたクライアントは、会社員から起業した方が多数います。

> 宇部和真のコンサルティングで得られた起業家の成果事例(アンケート)

 

自宅で起業する3つの手順【女性必見】

手順は次の通り。


手順①:起業テーマを決める

手順②:仕事が獲れるスキルを磨く
手順③:販売する

 

手順①:起業テーマを決める

起業テーマは最重要です。

もし、あなたが起業準備の最中で、たくさんのセミナーや本を読んでみたけど、
コレといった起業アイデアが思い付かないのであれば、

このテーマリストを使って、起業するテーマ・分野を考えてみてください。

あなたが起業する上で、ある程度決まっているテーマに対して、
以下の9つのチェックリストに当てはまっているかどうかを見極めます。

 

✔️失敗しない起業テーマリスト

□ 収入を増やすことができる手助けを起業テーマにしたい

□ お金の節約ができる手助け手助けを起業テーマにしたい

□ 見た目が良くなる手助けを起業テーマにしたい

□ 健康になれる手助けを起業テーマにしたい

□ 評判が良くなる手助けを起業テーマにしたい

□ 安心感を高める手助けを起業テーマにしたい

□ 安らぎや癒しを与える手助けを起業テーマにしたい

□ 自由な時間を増やす手助けを起業テーマにしたい

□ 人生を楽しく充実させる手助けを起業テーマにしたい

 

チェックが入れば入るほど、そのテーマは失敗しない可能性が高いです。

 

起業テーマを固める場合、それが、売れるか売れないか?といったニーズが無ければ、
起業は失敗するどころか、お客様がいつまでも獲得できない状況になります。

失敗しない起業テーマリストは、ニーズをチェックできるニーズを確認して、2つ以上のチェックが入ったら、あなたが考えている起業テーマ・方向性は合っていると認識して大丈夫です。

 

あとは、その業界に存在している専門雑誌、協会、会員サイト、支援団体、あるいは、フォーラムサイトなどが複数存在していれば、正しい道を歩んでいることを確認できると思います。

自分の起業テーマに関連したものが見当たらない場合は、対象が狭すぎる可能性があるので、
その場合は、テーマをもう少し広げてみることをオススメします。

 

手順②:仕事が獲れるスキルを磨く

当たり前のことですが、自分で仕事を獲得するということは、自分が提供できることがなんなのか?それはどのように習得すればいいのか?このスキルセットをしなければ仕事は獲れません。私にはまだ得意なことがないから…という方は、ここでご紹介する方法でスキル習得を目指してみましょう。

オンラインでスキルを磨く方法を解説します。


オススメ①:YouTube検索:専門家の動画教材でスキルアップ

オススメ②:動画学習サービスSchooでスキルアップ
オススメ③:100,000以上のオンラインコース‎Udemyでスキルアップ

 

オススメ①:YouTube検索:専門家の動画教材でスキルアップ

今はスマホがあれば、いつでもどこでも誰でも無料でスキルアップに関する学習ができます。

あなたの起業テーマに関連したキーワードをYouTubeの検索窓に入れて検索してみましょう。

 

✔️具体的な検索方法は以下

「○○ 方法」
「○○ 手順」
「○○ やり方」

○○の部分には、自分の起業テーマに関連するキーワードを入れて検索をしてくださいね。

 

オススメ②:動画学習サービスSchooでスキルアップ

Schooというサービスでは、その道の専門家が目的とする分野を体系的に学べるように様々な授業をしているプラットフォームです。

スキルアップしたい人のための大学と表現するとわかりやすいかもしれまんね。

 

オススメ③:100,000以上のオンラインコース‎Udemyでスキルアップ

Udemyというサービスでは、様々なジャンルでコース分けされたテーマを、自分のペースで学べるイーラーニング形式になっています。

ビジネススキル、デザイン、マーケティング、ヘルス&フィットネスなど、様々なジャンルがあり、どれもオンラインで学習できます。とても便利な世の中ですね。

 

手順③:販売する

ここまでを整理すると、現在は下記の手順まで行う段階です。

 

STEP1 起業テーマを決める

失敗しない起業テーマリスト

 

STEP2 仕事が獲れるスキルを磨く

・YouTube検索:専門家の動画教材でスキルアップ
・動画学習サービスSchooでスキルアップ
・100,000以上のオンラインコース‎Udemyでスキルアップ

ここまで決まってくれば、
仕事が獲れるスキルをとことん磨いてみるのがオススメです。

 

仕事が獲れるスキルとは、人ができないことができる。人が知らないことを知っている。
能力の差や知識の差が、収入を生み出すために必要な能力になってきます。

 

✔️販売するために考えるべき2つのこと


販売方法①:教えることを仕事に

販売方法②:代わりに何かを代行することを仕事に

 

販売方法①:教えることを仕事に

自分が詳しい分野をサービスとして提供する。

たとえば、「子どもの好き嫌いをなくす料理の仕方を教えます」「脚やせトレーニングの方法を教えます」「簡単でヘルシーな夕食レシピ教えます」「今年のあなたの運勢を占います」「一連の起業の流れを教えます」など、自分の詳しい分野に価格をつけて提供する。その価格でそのサービスを受けた人が、提供するサービスを購入してくれたら収入に繋がります。

 

✔️実際にはじめる方法

自分が詳しい分野をサービスとして提供する場合、「ココナラ」というサイトに登録して、自分の提供したいサービスと価格を設定して販売ページを掲載します。

 

販売方法②:代わりに何かを代行することを仕事に

自分が得意としているスキルをサービスとして提供する。

たとえば、「動画編集をします」「30日間の栄養カウンセリングをします」「ペライチでホームページを作成します」「講演会の文字起こしをします」「2000文字以上のブログを書きます」など、自分が得意としている分野に価格をつけて提供する。ここで対象とするお客様は、「得意なスキルがある専門家に頼みたい方」「時間をお金で買いたい方」と様々です。

 

✔️実際にはじめる方法

自分が得意とするスキルをサービスとして提供する場合、「ココナラ」の他にも、「ランサーズ」や「クラウドワークス」といった、スキルを仕事に変えるプラットフォームがあります。

そこにアカウント登録をして仕事を獲得しましょう。

 

自宅 兼 事務所に必要な3つをご紹介

次に、自宅 兼 事務所に必要な3つのことをご紹介します。


その①:PC(ノートパソコン)

その②:ネット環境
その③:ソーシャルメディアアカウント

 

その①:PC(ノートパソコン)

ネットでの情報発信や、仕事での連絡手段で大切になる道具、PC(ノートパソコン)がないと様々なストレスを抱えます。

仕事や案件によっては、Word、Excel、PowerPoint、Zipファイルなど、を問題なく使いこなせることが大切です。

特に自分で仕事をすると、書類作成、法務関係でいえば、契約書などの作成が必要な時がありますので、いつでもそう行ったことがあっても対応できるようにPC(ノートパソコン)は準備しておくべきだと考えます。

ちなみに、僕は「MacBook Pro」を使っていますが、ほとんどの方は、「MacBook Air」であれば十分だと思います。

Windows派の人はそちらでも構いません。

 

現在のPC(ノートパソコン)が使用3年以上の方は
できる限り最新のものを準備しておきましょう。

 

その②:ネット環境

自宅で起業するなら、ネット環境は欠かせません。

ネット環境はもちろん、外出先でもいざという時にすぐに対応できるよう、ポケットWIFIを持っていると便利です。

外出先でも仕事ができる環境を作りたいのなら、ポケットWIFIを用意しておけば、旅行中でも、収入を得られる環境ができます。

 

その③:ソーシャルメディアアカウント

自宅で起業する際には、ほとんどの仕事のやりとりがネット上で行われます。どんな連絡手段でも対応できるように、せめて以下の2つへのアカウント登録を済ませておきましょう。

✔️ フェイスブック
✔️ インスタグラム

 

女性が目指せるオススメ起業職種5選

それでは次に、自宅起業でオススメな起業職種を5つご紹介します。

【自宅起業事例①】コンサルタント

コンサルタントという職業は、問題解決の専門家としてクライアントを成功に導く仕事です。僕の仕事もこのコンサルタントに当てはまります。クライアントが求める結果に対して、今の課題は何か?どんな問題が起きているのか?を客観的にアドバイスをする、いわば先生の立場で指導する働き方です。

 

【自宅起業事例②】コーチ

コーチという職業は、人の人生を助ける職業です。コーチという言葉は、スポーツの世界でも聞いたことがあるように、人の成長を手助けすることでクライアントを飛躍的にステージアップさせる、いわば世界一のサポーターの役目を担う働き方です。

 

【自宅起業事例③】カウンセラー

カウンセラーという職業は、コンサルタントとコーチとは違い、人が抱えている不安や悩みに対して聞き役に回り、安心を与えることで徐々に人生に対する不安を解消してあげる役目を担う働き方です。人からよく相談をされる方や、悩みを聞いてあげることが得意な方に向いてる職業と言えます。

 

【自宅起業事例④】コピーライター

コピーライターという職業は、主に文章を書く職業です。ビジネスの世界ではインターネットで情報を発信することが重要です。つまり、文章が書ける人が求められています。実はこのコピーライターという職業で仕事を獲ることはとっても簡単で、「あなたの代わりにこんな文章を書くことができますよ」と、ウェブ上で書いたものを見せて回るだけでもホームページの原稿を書いてもらいたい、とか、広告文を書いてもらいたい、とか、プレゼン資料を作成してもらいたい、といった需要が生まれやすいのです。オンラインで仕事をする王道とも言える働き方ですね。

 

【自宅起業事例⑤】動画クリエイター

動画クリエイターという職業は、撮影した動画をカッコよく編集したり、可愛く編集したり、動画内にテロップを入れたり、クライアントが求めている形を提供することができる職業です。何も難しいことはありません。動画編集を依頼している方のページを見ると、1本1万円以上の案件がゴロゴロあります。あとは、その案件を見つけてあなたが動画を代わりに編集してあげる。これだけで仕事になります。非常にシンプルですよね。

 

自宅で起業する3つの手順 まとめ【お知らせ】

以上、自宅で起業する3つの手順をまとめました。

基本的には、ここに書かれていることを実践すれば、会社員を超える月収を自宅起業で超えることはできると思います。

世の中の流れは、会社で働くという選択から、個人が世の中に価値を提供する選択に完全シフトしています。

僕自身も、ほとんど家から出ず、家で仕事をしています。行きたいところがあれば、旅行しながら仕事をしたり、働く場所も仕事をする時間も全て自分で決められる状態です。

 

【お知らせ】

自宅で起業したい人たちからのご相談も増えていますので、この記事を読んで自分もこういう働き方を手にしたい!とお考えの方は、ぜひ「宇部和真公式ライン@」に登録して、引き続き、情報を受け取ってください!

僕は、「雇われない生き方をしたい人」に向けた有料級の無料情報を発信しています。
個別にご相談を希望される方は、下記のリンクよりお気軽にご相談ください。

【毎月限定10名様】

「 60分間 起業・ビジネス個別相談会 」
でお待ちしております!



詳細はこちら

ー宇部和真

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。