ママであり起業家という生き方【子育てしながら主婦なのに起業】Kanomi様


ママだから、起業して自分ビジネスをはじめることは難しい。
ママだから、やりたいことができない。とできない理由を並べたりしてませんか?

今日はママであり、起業家の一人をご紹介します。

From   宇部和真

足痩せを専門とする女性起業家のKanomiさんです。

出逢いは、1ヶ月半ほど前。
僕のFacebookメッセージにメッセージをくださったことからでした。

子育てをしながら、オンラインで脚痩せに関するサポートをメインで行っています。

普段の仕事の仕方は?というと、・・・

なんと、・・・

スマホだけ。

「えっ!」

「スマホだけで仕事ってできるの??」

あなたはそう思ったかもしれませんが、正直僕も驚きました・・・^^;

お客さんへの説明資料や説明動画など、
全部一人で撮影〜編集をスマホで行い、お客さんとのやりとりも、

全てスマホ1つでこなす。
スーパーママ起業家。

「ここまでやるか、・・・」

と、驚かされるほどです^^;

さすがにこのレベルの人は初めてです^^;

 

だからこそ、ママであり、起業家として
絶対に自分ビジネスで夢を叶える、という姿勢がひしひしと伝わります。

僕からの課題も、初めてのことだらけの中、それに一生懸命挑戦している姿が毎日、頭に浮かんでくるほど。

普段はママとして家庭のことも行いながら、
自分ビジネスも諦めない。

まっすぐな真剣さ。

なかなか、できることではありませんが、
それは、Kanomiさん自身の強いやる理由があったからこそ成せる事なんだと思います。

 

だからこそ、僕は言いたい。

「ママだから、起業して自分ビジネスをはじめることは難しい。」
「ママだから、やりたいことができない。」

・・・

諦めたらそこで、試合終了です。

時間がない、・・・とか、
お金をかけられない、・・・のは、あなただけではありません。

それに、誰もが準備万端だから、
起業・独立できるわけでもないというのも事実です。

できない理由 を やる理由に変えられる人
起業・独立をして、未来の選択肢を増やすことができるんです。

そこに明確なやる理由があって、
絶対に成し遂げたい夢があるから、たとえ、
目の前に大きな決断を迫られたとしても、それをやるべきなのであれば、

決断は一瞬。

決断の”早さ”と”遅さ”は、間違いなく、
ビジネスでの成功を決定する一番の要素ですからね(^0_0^)

自分の夢に勝手に条件を付けて
できない理由を並べるのは、もうやめませんか?

起業・独立をしたいと思っている人であれば、なおさら、こんなことは言っていられないはずです。

今日は、ママであり起業家の、Kanomiさんとのミーティングで、次なるビジョンのすり合わせ、1ヶ月後までの具体的な目標のセットアップ、さらに結果を加速させる濃厚なビジネスミーティングでした!

ママでもここまでデキる!と、
全国の女性に向けて、ただいまスペシャル企画準備中!

Kanomiさんのインスタグラムはこちら!

 

足痩せウォーキングトレーナーのKanomiさんは、スピード感があり、どんどん課題をクリアしてくれています!

本当に楽しみなママであり、女性起業家の一人です。
ここから、突き抜けていきます(^_-)

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。