『過去思考の未挑戦者』「成功できない7つの理由」その3


From   宇部和真

本日も引き続き、
個人事業主・起業準備中の方へ
成功する方法ではなく、やめる”だけ”で成功体質を創り上げる
成功できない7つの理由をテーマにお話ししていきます。

 

ここに書かれていることが正しいのではなく、
ご自身の思考や習慣の“悪習慣”を発見し、修正のお役に立てれば何よりです。

前回までの理由をお読みで無い方は、こちらも併せてご覧ください。

『決断力の低さ』「成功できない7つの理由」その1

『夢に条件を付ける』「成功できない7つの理由」その2

 

成功できない理由その3:過去思考の未挑戦者

「過去は、あなたの人生を変えてはくれない」

あの時は、○○だった。

多くの大人たちがお酒の席で過去の話を繰り広げています。
あの頃の苦労話や、武勇伝といえば話のネタにはうってつけです。

 

しかし、

過去は、あなたの人生を
変えてはくれない。

 

このことに気づくまで、僕自身も時間がかかりました。
過去を語っている自分に違和感を感じるたびに、今自分は何に挑戦しているのか?

そんなことを自問自答するようになりました。

 

人は無意識に、過去の栄光にしがみつきます。

 

そうなれば、人は新たな進化成長の旅をしなくなるものです。
旅人というのは、常に道無き道を歩む冒険者。

それが生きがいなのです。

 

人間には、3つのタイプがあります。

・挑戦者
・失敗者
・傍観者

 

挑戦者は、成功を手にしたとしても、常に道無き道を歩む冒険者です。

失敗者は、修行の身ですが、いずれ成功できる人のことです。

そして、最も起業家として成功できないタイプ
他人の成功を見ているだけの傍観者。

 

あなたはどのタイプでしたか?

 

もし、あなたが傍観者であるなら、
自身のスタンスを改めてみることを強くオススメします。

 

あなたに紹介したい金言

安全や無難なことを目指すなら、
何もしないことだ。

何かにチャレンジすれば、
何回かは必ず失敗する。

人間がやることで、
100発100中の成功など、
この世にありはしない。

失敗を恐れない勇者だけが、
成功を手にすることができるのだ。

「倒れたら起き上がる」

何回失敗しようが、
そこから起き上がり、
あきらめずにチャレンジし続ける人に勝利の女神はほほ笑む。

“ドラッカー 365の金言”(ダイヤモンド社)

という言葉があります。

過去にしがみつくのではなく、過去に縛られるのではなく
あなたのこれからの未来を創る、未来の話に花を咲かせ、
大いに“夢を語れる”起業家になりたい。

 

僕はいつでもそう思っています。

この国、ニッポンを今一度、夢を持てる国にします(^0_0^)

 

「過去は貯金できるが、チャンスは貯金できない」

 

あなたの夢はなんですか?

 

■ 「成功できない7つの理由」その3はいかがでしたでしょうか?

あなたからの率直なご感想をいただけたら何よりです。
ブログのタイトルご感想をワンセットでメッセージください(^-^)/

成功できない理由シリーズのご感想をLINEメッセージにていただけた方の中で
個別具体的なご相談をご希望される方には、個別相談を1回無料で行わせていただきます(^_-)

▼ブログのご感想をメッセージするには以下のボタンをタップして、個別メッセージで送ってください。

友だち追加

ご感想をお待ちしていますねヽ(^o^)丿

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。