影響力を持つ人になりたい方、変わりたいと思っている方におすすめの一冊


惹句工房アシスタント 宮本 茜です。

今回は、影響力を持つ人になりたい方、変わりたいと思っている方におすすめの一冊をご紹介します!
スティーブン・R・コヴィー 著『7つの習慣』

この書は、全世界で3,000万部、日本で200万部を売り上げたベストセラー。

タイトルにもある通り、7つの習慣が出てきます。

  1. 主体的である
    人格は、先天性なものではなく後天性で周りの影響で決まってしまう。
    一方で、自分で選択することもできる。
    つまり、今ある自分は、これまで自分が選択してきた結果である。
  2. 終わりを描くことから始める
    自分のお葬式を具体的にイメージしてみよう。
    誰がきて、みんなはどんな表情をしていているのかを具体的に想像した上で、
    「個人のミッションステートメント」を書く。
  3. 最優先事項を優先する
    緊急ではないが重要なことを優先しよう。
    例えば、読書や自分の必要だと思うことを勉強すること。
    これら習慣にするために他の用事、緊急ではあるが重要でないことにいかにノーと言えるかが鍵である。
  4. Win-Winを考える
    人間関係において、必ずお互いの利益になる結果を見つけようということである。
    それらを発展させた考えで、Win-Win or No Dealというものがあり、
    どちらかが妥協しなければいけない場合は、どちらも取らないという考え方がある。
    目標をWin-Winとするならば結果もWin-Winでなければならない。
  5. まず理解に徹し、そして理解される
    相手の立場で物事を考え、共感をして相手を理解しようとしながら
    聞くことで相手からの信頼を得ることで自分の助言を受け入れてもらいやすくなる。
    すなわち、共感による傾聴を身につける。
  6. シナジーを創り出す
    シナジー=相乗効果(周りと協力することで個々の力を足した以上の力を発揮すること)
    周りとの協力を得るための機会づくりする。
  7. 刃を研ぐ
    自分自身の価値を維持し高めていくこと。
    つまり、自分自身を作り上げる肉体、精神、知性、社交性の質をあげることである。
    例えば、運動や瞑想、読書、他者とのコミュニケーション等

これらのことを踏まえ意識してみると、
成功者はこれらの習慣をやっているように感じました。

私も、これらを意識して今後挑戦し、
悩んだ時には、何度も読み返し7つの習慣を身につけていきたいなと思いました。

漫画版でもあるみたいなので、そちらも是非!
あなたも一緒に7つの習慣身につけてみませんか?

影響力を持つ人になりたい方、変わりたいと思っている方におすすめの一冊。

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。