知らぬは一生の損である。


惹句工房アシスタント 宮本 茜です。

わからないこといつまでも考えていませんか?!
情報弱者になっていませんか?!
現代では、スマートフォンが普及し、インターネット社会となりました。

私も、起業家を目指してから知らない言葉をよく耳にします。
最近は、インターネットですぐに調べるようになりましたが、
少し前の私は、よく頭で考えてしまいがちで結果理解しないうちに忘れてしまうことが多かったです。

知ることがいかに大事か気になる方は下記の動画から。

【経験談】知らぬは一時の恥ではなく、知らぬは一生の損である。

https://youtu.be/ToewhMWD5G0

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。