好きを仕事にしたい方におすすめの一冊。


惹句工房アシスタント 宮本 茜です。

今回は、好きを仕事にしたい方におすすめの一冊。

リクルート、Google、TED×等、13職のあらゆるチームで学んだ
尾原和啓氏
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 」

をご紹介します!

この書では、『乾けない世代』の可能性について書かれています。
乾けない世代、すなわち、さとり世代、ゆとり世代と言われてきた世代。

本書を読んですぐ、(あ、私は乾けない世代だ)と思いました。

上の世代と比べて、出世や金銭的にモチベーションを繋げられず、
好きなことを仕事にすることがあまり理解されない。
そんな二つの世代が、同じ会社やビジネスチームとしてやっていく方法を著者は、
メゾットとして紹介しています。

  1. ストレングス・ファインダー(自分の弱みと強みの診断テスト)
  2. 偏愛マップを作る(自分の好きをこと細かく表)
  3. 自分のトリセツを書く

これら三つを仲間と共有し、補い合うこと。

その他、著者の体験談から好きを仕事にするための方法や
得意なことがないと思い込んでいる乾けない世代へのヒントが書かれています。

夢がない、仕事が楽しくない、続かないと考えてる方!
少し前の私もそうです。
それがすごく不安で、自分がおかしいのかもと悩んだ時期もありました。

しかし、現在、夢模索中の私は、この本を読んで改めて気づかされました。
これからの世代つまり、今の若者には、たくさんの可能性や楽しさが待っている。
だから私は、若い世代の星となりたい。

ぜひ、好きなことを仕事にしたい方、それが理解できない大人にも!
おすすめの一冊です!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。