無名の人が商品を買ってもらえる人になるためには?【雇われない生き方 ブログ Vol.1】

From   宇部和真

「まだ無名だけど、商品はできた。これからどうやって
 商品を買ってもらえるような人になれば良いのか悩んでいます。」

知られていないのは起業家としては“致命的”です。

この記事では、まだ無名の人がお客さんに喜んで商品を買ってもらえる人になるための一手をご紹介します。

無名の人が商品を買ってもらえる人になるためには?

今日のひとこと

無名な時ほど自分の欠点を世間に公開する。

解説

無名の人が注目を集めるための得策として、良いことよりも欠点を公開すると効果的。

人に隠していたらいつまでも欠点でしかありませんが、それを公開してしまえば、それは逆に個性になります。

無名な人が商品を買ってもらえる人になるためには、
「私は普通ではない」と自分でブログやメルマガに書き込まなくてはいけません。

人間の弱さを堂々と公開できる勇気が、無名を有名にする出発(注目)点(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・知識差ビジネスをはじめる方法【雇われない生き方 ブログ Vol.2

・「売れない自分」から「売れる自分」を創る方法【雇われない生き方 ブログ Vol.3

・これが、起業成功の法則【雇われない生き方 ブログ Vol.4

・世界に一人だけの存在になる方法【雇われない生き方 ブログ Vol.5

・尊敬する人を徹底的に真似ると上手くいく【雇われない生き方 ブログ Vol.6

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

誰もが実践できる「小予算でも確実に集客につなげるSNSマーケティング」を教えています。 2020年9月末〜2021年12月末までの3ヶ月間でSNSから1500人以上をLINEに集客し、シゴトが獲れるリストマーケティングを実践中。 高校卒業後、雇われない生き方がしたいと思い立ち、22歳で独立するも、シゴトの獲り方がわからず資金が底を尽きる。 その経験から、金なしコネなしスキルなしからシゴトを獲得するためのセールスコピーライティングを学ぶ。 コピーライティングを深めていく中で「個人がビジネスを持てば、雇われない生き方ができる人が増える」と確信し、個人のライフワーク・天職をシゴトにできるビジネスメソッドを開発。 ビジョンは「大切な人を大切な時に大切にできる経済的自由人を増やすこと」