知識差ビジネスをはじめる方法【雇われない生き方 ブログ Vol.2】


From   宇部和真

「今、収入源を増やしたいと考えているけど、何から始めていけば良いのか悩んでいます。」

インターネットで情報を集めてイロイロな知識をインプットしていると、
自分でもできそうなものが見つかると思います。

だけど実際に、どのようにして収入構築をしたら良いのだろうと
頭を抱えてしまうことがあると思いますので、

今回の記事では、誰にでも始められる収入構築のヒントをご紹介します。

 

知識差ビジネスをはじめる方法

今日のひとこと

知識差を販売する

解説

まずはじめに、収入を得るためには、
「商品」をつくって販売しなければならないのですが、
ビジネスを立ち上げる時に最もリスクなく始めるためには
以下の4原則を守ることが大切です。

 

1、利益率の高いビジネス
2、在庫を持たないビジネス
3、リピート性のあるビジネス
4、大資本がいらないビジネス

 

これらの4原則に則った僕がオススメするビジネスとは、

「知識差ビジネス」です。

 

世の中には、様々な商品がありますが、
こんな時代だからこそ“知識欲求”を満たすビジネスが伸びます。

 

たとえば、本の内容をまとめた知識。

商品は仕入れや開発コストが莫大にかかってきますが、
知識の仕入れは非常に低コストでできます。様々な専門家が執筆した本(情報)が
手軽な価格で入手することができますからね。

 

あなたが得意とする「専門」のテーマを扱う本を数冊まとめて購入し、
そこに書かれている情報を1つにまとめて専門書にして販売すれば、
「知識差ビジネス」で大きな利益を得ることが期待できます。

 

しかし、本に書いてある知識だけでは、売れません。

その知識を集めた「あなたの信頼性」と「あなたの経験」が必要になります。

 

知識を集めて、どう行動したのか?どんな結果が得られたのか?を表すことのできる
信頼性と経験を実体験(こうすれば成功した、こうしたら失敗したという真実の情報)から獲得し、

それができたら1つのテーマの知識(情報)を扱うブログを立ち上げて
メールマガジンに読者を募って、勉強会を主宰してみましょう。

そうすると、あなたはいつの間にか特定の分野の専門家(先生)になれます(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・無名の人が商品を買ってもらえる人になるためには?【雇われない生き方 ブログ Vol.1】

・「売れない自分」から「売れる自分」を創る方法【雇われない生き方 ブログ Vol.3】

・これが、起業成功の法則【雇われない生き方 ブログ Vol.4】

・世界に一人だけの存在になる方法【雇われない生き方 ブログ Vol.5】

・尊敬する人を徹底的に真似ると上手くいく【雇われない生き方 ブログ Vol.6】

情報収集・オンラインスクール ・無料相談はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。