できない理由がやる理由【雇われない生き方 ブログ Vol.10】


From   宇部和真

「やりたいことはたくさんあるんですが、
 どれを選んでも自分はできそうもないと悩んで動けないことがあります。
 考え方を変えてすぐに行動できる自分になりたいのですが、どうしたら良いですか?」

誰しも初めてのこと、体験したことのないことって
なかなかスタートがきれなかったりしますよね。

やりたいことはあるんだけど、いざそれをやろうとすると
躊躇している自分がいるというのはとても勿体無いこと。

この記事では、動きたくて眠れなくなる自分に変わるヒントをご紹介します。

 

できない理由がやる理由

今日のひとこと

合言葉は、“できるようになったらどう成れる?”

解説

行動する前に、行動した先にある未来の結果をイメージ(先取り)する。

現在→未来 ではなく
未来→現在 に向かって行動する。

そうすることで達成した後の自分をリアルにイメージすることができて、
できない理由ではなく、できる理由を探している本当になるべき自分になることができる(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・尊敬する人を徹底的に真似ると上手くいく【雇われない生き方 ブログ Vol.6】

・知っ得!起業家の情報収集術とは?【雇われない生き方 ブログ Vol.7】

・売れる文章を書けるようになるコツとポイントとは?【雇われない生き方 ブログ Vol.8】

・日本一の価値を創る方法【雇われない生き方 ブログ Vol.9】

・コンサルタントの職業病【雇われない生き方 ブログ Vol.11】

情報収集・オンラインスクール ・無料相談はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。