最後にどう成りたいのかを、最初から考えるのだ。【雇われない生き方 ブログ Vol.20】


From   宇部和真

今日のひとこと

ハッピーエンドの映画を結末から逆再生で

解説

「最後にどう成りたいのかを、最初から考えるのだ。」

by レオナルド・ダヴィンチ

これがデキている人は本当に少ない。

自分が手に入れたいラストイメージを決めて、
そこに至るための原因をハッピーエンドから逆再生すれば、
これから訪れるシーン(行動)がイメージとして見えるように成る(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・人生は想い通りにいかないが、想った通りにしかならない【雇われない生き方 ブログ Vol.16】

・「感情の状態」をデザインするには?【雇われない生き方 ブログ Vol.17】

・惹き寄せマーケティングがデキている人の口ぐせ【雇われない生き方 ブログ Vol.18】

・Validation(承認)とは【雇われない生き方 ブログ Vol.19】

・億万長者から聞いた!最も大切にしている3つの習慣とは【雇われない生き方 ブログ Vol.21】

情報収集・オンラインスクール ・無料相談はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。