コンサルタントの職業病【雇われない生き方 ブログ Vol.11】

From   宇部和真

今日のひとこと

自分を雇ったのでない相手の問題を解くな。

解説

コンサルタントの業務とは、
お客様の依頼によってその人に影響を及ぼすシゴトのこと。

コンサルタントが陥りがちな職業病は、
頼まれもしない「お手伝い」を買って出る、という病気。

コンサルタントは常に、「口を開けば報酬が発生する」シゴトだと考えるべきなので
無料でアドバイスをしたり、無料で案件を買っているというのは、職業の基本に反している。

無料のアドバイスを辞める。

実はたったこれだけで、全ての機会が売上に変わる(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・顧客を惹き寄せるマーケティングの極意とは【雇われない生き方 ブログ Vol.12】

・ノウハウの実践者よりも夢の実践者に【雇われない生き方 ブログ Vol.13】

・お金とは「ありがとうの対価」【雇われない生き方 ブログ Vol.14】

・リーダーとは【雇われない生き方 ブログ Vol.15】

・人生は想い通りにいかないが、想った通りにしかならない【雇われない生き方 ブログ Vol.16】

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

誰もが実践できる「小予算でも確実に集客につなげるSNSマーケティング」を教えています。 2020年9月末〜2021年12月末までの3ヶ月間でSNSから1500人以上をLINEに集客し、シゴトが獲れるリストマーケティングを実践中。 高校卒業後、雇われない生き方がしたいと思い立ち、22歳で独立するも、シゴトの獲り方がわからず資金が底を尽きる。 その経験から、金なしコネなしスキルなしからシゴトを獲得するためのセールスコピーライティングを学ぶ。 コピーライティングを深めていく中で「個人がビジネスを持てば、雇われない生き方ができる人が増える」と確信し、個人のライフワーク・天職をシゴトにできるビジネスメソッドを開発。 ビジョンは「大切な人を大切な時に大切にできる経済的自由人を増やすこと」