シゴトには優先順位をつけよう【雇われない生き方 ブログ Vol.39】


From   宇部和真

今日のひとこと

やるべきことを洗い出し、やるべきことを定め、やり切る

解説

3つのシゴトを分類すると、

1、重要(もっとも”成果につながる行動”)で緊急性があるシゴト
2、緊急性はないけど、重要なシゴト
3、やってみたらいいかもしれないと感じるシゴト

少し、言い方を変えると、

1、未来を創造するシゴト
2、現在のシゴト
3、過去の清算

(^0_0^)

 

■この記事に関連した雇われない生き方向けバックナンバー

・年収アップをしたいなら自己投資センスを磨こう【雇われない生き方 ブログ Vol.36】

・お金持ちになるためのマインドセットとは【雇われない生き方 ブログ Vol.37】

・目標達成のための一番の近道【雇われない生き方 ブログ Vol.38】

・人生において使わない方が良い7つのタブー用語とは【雇われない生き方 ブログ Vol.40】

・人生もビジネスも、成功を決めるのは学習と行動の反復横跳び【雇われない生き方 ブログ Vol.41】

LINE@お役立ち情報

雇われない生き方、自分ビジネスで起業するために必要な起業家としての知識、起業した後のポイントやシゴトのヒントをすぐに行動に移せるように1分でお届けしています。独立起業をして自分のビジネスを成功に導いている人たちの成功法則をスマホにインストールしたい方は【無料】LINE@登録 をオススメします↓↓↓

惹句工房の無料会員制度「LINE@」について

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。