Q. 結果が出ない人の共通点を知ってますか?【結果の出ない努力は無駄】


From   宇部和真

ビジネスで、結果を出せる人がいれば、
結果が出ない人もいます。

同じ環境で同じアドバイスを受け取っても、
結果が出る人、結果が出ない人がいます。

何故だと思いますか?

 

答えはシンプルです。

 

「結果を出した人は行動した」

からです。

 

結果を出せなかった人は、

「行動しなかった」

からです。

 

結果を出したければ、
とにかく行動するしかありません。

逆に行動しない人は、何をしても結果を出すことは難しいです。

 

結果の出し方を知ること

それから、もう1つ重要なことは
結果を出したければ、

「結果が出る行動の仕方を知っておくこと」

です。

 

僕がクライアントさんにいつもお伝えしていることは、
成功事例や失敗事例の数々、だったりします。

 

上手く行った成功事例を自身に置き換えて、

・今の自分に足りていないことは何か?
・まだ、できていないことは何か?

これらのギャップが生じている部分の穴埋め作業です。

 

その逆に、失敗事例も提供します。

「こうすると失敗するよ」
「これでは上手くいかないよ」と、

あらかじめ、失敗事例を知っておくことで
不必要な遠回りを防ぐことができます。

 

成功事例と
失敗事例の共有というのは
自分が目指していることで結果を出すための
「カンニング」のようなものです。

 

カンニングは成功の元

学校では、
「カンニングしてはいけない」
と教えられましたが

社会に出て、現実世界で結果を出したければ、
カンニングは必須なんですよね。

 

この “成功事例を自分に当てはめて行動できる” というのが、
結果を出している人が行っていることなのです。

僕やあなたにとっての多くの問題って、
ほとんどの場合、世界のどこかに
それを解決した先人がいます。

 

その先人を見つけ、カンニングをすることで
結果を出すまでの最短距離を歩めるようになります。

「どうやって同じ問題を解決したのか?」
「何をして上手くったのか?」

それを知ってしまえば良いのです。

 

結果が出ない人って、ほとんどの場合、
自己流なやり方、つまり間違った努力をしているのです。

 

「間違っているから結果が出ない」

 

僕にも「なんでこんなに行動しているのに結果が出ないんだろうか」
と悩んで頭を抱え込んでいた時期は何百回とあります。

 

そんな時期に
僕が学んだことは、、、

 

「モデリング」で結果を出す方法

モデリングとは

心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作や行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。 人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。

ー Wikipedia

 

わかりやすく言えば、
「成功している人を模範する」
ということです。

 

僕がこのモデリングの意味を知った時、

上手く行っている人には
上手く行っている理由が必ずあるので
モデリング徹底的に人や会社を分析してモデリングを実施。

=自分自身に置き換えていく

訓練をしました。

 

その結果、

めまぐるしいスピードで変化する時代に
対応できるようになりました。

時代の変化がわかるから
次にどんな行動をとれば良いのか、が
観えてくるようになりました。

 

このように、結果を出すにはどうすれば良いのか、という
マインドが出来上がったのです。

 

ビジネスというのは、ギャンブルではない

ビジネスは、正しい努力で、正しい量を行動できれば
正しい結果を出すことが可能です。

 

ただ、日本人は真面目な人が多いので
知らず知らずのうちに、間違った方向でも努力してしまう。

「なんで上手くいかないだろう」と

原因不明のまま結果を出す前に、諦めてしまう。
ギャンブル的な人が多いのも事実です。

 

行動しても結果が出ないのは、間違った努力をしている可能性が高いです。

このような報われない努力ではなく、
「モデリングをすることで、正しい行動を取っていく」

ここをぜひ、取り入れてみてください!

 

追伸

成功事例や失敗事例を自身に取り入れて
正しい努力を通して、自分ビジネスから結果を出したい方は、
毎月限定の個別相談会でお待ちしています。

ー宇部和真

LINE@お役立ち情報

雇われない生き方、自分ビジネスで起業するために必要な起業家としての知識、起業した後のポイントやシゴトのヒントをすぐに行動に移せるように1分でお届けしています。独立起業をして自分のビジネスを成功に導いている人たちの成功法則をスマホにインストールしたい方は【無料】LINE@登録 をオススメします↓↓↓

惹句工房の無料会員制度「LINE@」について

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。