複業とは何か?複業の基本を学ぼう


From   宇部和真

これから複業を始める方は、副業とはどんなメリットやデメリットがあるのか
ということを知っておかなければいけません。

複業であっても、あなたは「ビジネスを持つ」というマインドで取り組まなければ
上手に複業を軌道に乗せることは難しいので、しっかりと基本を理解して取り組むことをオススメします。

今から、複業とは何か?複業の基本で押さえておくことは何か?をお伝えします。
ぜひ、あなたが複業を始めるときには、この内容を覚えておきましょう。

複業の始め方を網羅した全19記事は以下のリンクページからどうぞ。

[btn class=”rich_pink”]【複業の始め方】年収を10倍上げる複業家になろう[/btn]

複業とは、本業を複数持つこと

まずはじめに、複業とは、本業以外で仕事を掛け持ちする「副業」とは違って
本業としての仕事を複数持っていることを意味します。

これが本業でこっちが副業という考え方ではなく
どれも本業であり、複数の仕事を行うことで
複数の収入源を持っている状態のことを
「複業」と定義しています。

働き方が多様化している時代で1つの収入源にこだわった働き方は
会社の寿命が短くなっている現代では、リスクだと思います。

個人が生き残って行くには、この「複業を持つ」という意思決定が
あなたやあなたの大切な人の未来の選択肢を増やすために必要で大切な考え方なのです。

複業のメリット

収入が増える

複業を持つことで1つの収入源ではなく、複数の本業から収入源を構築することができます。

これまでの日本の働き方は、会社に属している限り「副業禁止」というルールがありましたが
働き方改革、副業解禁、と、すでにパラレルワークを推奨している会社も増えてきました。

複業を持つことは、国の施策でもあるので、今の会社がまだ「副業禁止」しているのであれば、
複業可能な会社に転職して本格的に、複業をはじめるのも手です。

そうすることで結果的に、複数の収入源を構築することができます。

働く場所を自由に決められる

今の時代、わざわざ何処かに出かけて仕事をする時代ではありません。

海外のフリーランスは、ほとんどリモートで仕事をしていますので、
無料で使えるスカイプやZoomなどのビデオミーティングを取り入れたりすれば、
インターネット環境が整っている自宅やカフェでも十分に仕事をすることができます。

自分が好きなときに仕事ができる

雇われている働き方では、業務時間が決まっていることが多いので
何時から何時まで、・・・のような時間的拘束や、休みも決められてしまいます。

しかし、複業を持つということは、個人事業主と同じ考え方ですので
仕事を始める時間や仕事を終える時間、休日など、自分が好きなようにスケジュールできます。

雇われない生き方を手に入れることで
会社に行く時間も削減できますし、自分が一番パフォーマンスの高い時間帯で
自分が本気で取り組める複業を仕事にすることができるのは、最高の働き方だと思います。

付き合う人を自分で選べる

付き合う人を選べるというのは、働き方の中では最大のメリットだと思います。

毎日嫌いな上司のために仕事をするとか、行きたくもない飲み会に参加するなど
人生に必要のない時間を他人にコントロールされないためにも、付き合う人を選べるというのはとても大切です。

複業を持つということは、あなたの人生に選択肢を広げるということです。

複業のデメリット

仕事に対する責任が増える

複業は、自分一人で本業を複数持つことですので
どの仕事にも直接的に責任が生じます。

社会人としての当たり前が身についている方であれば問題ないと思いますが
中には、着手した仕事を途中で投げ出してしまう人もいるそうですので、
責任を持って、仕事に取り組む姿勢が必要です。

会社でやっていることを全て一人で行う

複業を持つということは、言い方を変えれば「一人社長」となります。

今まで会社の中で複数人、複数の事業部で行っていたことを自分一人で行わなければいけません。

ときには自分がやったことのないことも行う必要がありますが、
それらは必要に応じて、やってみて、覚えていけば複業家には特に問題はない部分です。

法務や財務、専門知識が必要なことは
今の時代かんたんにアウトソーシング(業務を専門家に外注)できます。

自分がやれないことや、やらなくても良いことはどんどんアウトソーシングをして行きましょう。

労働収益型の複業だと、自分が倒れたら収入が無くなる

複業家は「一人社長」と同じなので
自分が倒れてしまったら、収入も途切れてしまうというのは逃れられません。

多くの場合は、労働収益型の仕事で複業を持つ人が多いので
できるだけ早く、自分がいなくてもビジネスから収入が得られる仕組みを構築することが重要です。

複業に向いている人の特徴

学ぶことに貪欲な方

複業家にとって、学ぶことは収入を上げるために必要不可欠です。

時代の変化に対応できる人というのは、とにかく学び続けている人なので、
学んだことを実践に活かすという考え方や習慣は早めに身につけておかなければいけません。

幾つになっても学ぶことに貪欲な方というのは、とても魅力的ですし仕事ができる印象を与えることにもなります。

チャレンジ精神のある方

複業家は、複数の本業を同時に行っていますので
なかなか、新しいことにチャレンジできない方や不安が先行して動けない人には向いていません。

逆に、チャレンジを楽しめる方や、失敗を恐れない人というのは
どんどん複業を加速していけるタイプなので、成功スピードがとてつもなく早いです。

チャレンジ精神とは、決断力の速さである。と思います。

これまでに様々な大きな決断をしてきたという方は、複業家にはピッタリでしょう。

他人の人生に喜びをもたらせる方

複業といっても、ビジネスであることには違いありません。

「働く」の語源は「傍(はた)を楽にする」だと言われています。
「はた」というのは他者のことです。 他者が抱えている問題や負担を軽くしてあげる、
つまり、楽にしてあげる、というのがもともとの「働く」の意味なのです。

他者の問題を解決したり、負担を減らしてあげることで他人の人生に喜びをもたらす。
そのために働くことが、自分の幸せに繋がると言える複業を持ちましょう。

複業とは何か?複業の基本を学ぼう【まとめ】

複業とは、本業を複数持つこと
複業のメリット
複業のデメリット
複業に向いている人の特徴

これら4つの基本について理解することが複業家のファーストステップです。

複業を持つことが当たり前の時代になっていますので、時代に乗り遅れる前に複業を持ち、あなたとあなたの大切な人の未来の選択肢を増やして行くことをオススメします。

オススメの記事

> 複業で失敗しない4つの原則を理解しよう

> 世の中に良い影響を与える4つのビジネスモデルとは

> サスティナブルビジネスとは?サスティナビリティ(持続可能性)という新時代のビジネスモデル

> 2020年 複業時代におすすめなパラレルワーク起業事例を紹介!

> 複業から始めて起業するのもしないのも、どちらも選べるのが複業です


LINEで起業家のシゴトを楽にする技術を学ぶ

業家のシゴトを“楽”にする!
るのが苦手な起業家のためのスゴイ質問

今すぐ使える!!
👉「集客倍増の改善策が見える56の質問シート』
期間限定でプレゼント!

Googleでは、たどり着けない!問題解決のヒントが満載のお役立ち情報をお届け!

人数限定の個別コンサルティングで学ぶ

▶︎▶︎ こんな問題を解決できる個別相談です

 

  • 知識や経験を使った高単価サービスを創りたい
  • SNSやブログを使って集客しているけど伸び悩んでいる
  • ひとりビジネスで月商7桁を超えられていないとお悩みの個人事業主の方
  • 資格は取ったけど、仕事が取れなくて悩んでいる講師インストラクターの方
  • 高単価サービスが売れない、成約率が低い問題を抱えている方

このような想いをお持ちの方は、
宇部和真による「個別相談サービス」をご利用ください。

詳細・申し込みはこちら