目の前に大きな壁がやって来た時の話


From   宇部和真

大きなことを
成し遂げようとすると

その道中で大きな壁が立ちはだかること、

結構あると思います。

壁を乗り越えるためには
高く飛ぶことで

壁を乗り越えようとします。

こんな時どうするのかというと・・・

「高く飛ぶためには、しゃがむことが必要」

と、僕は教わりました。

毎年、春に満開に咲く桜のように
冬はジッとしています。

花は咲き方を知っているから、ジッとしゃがむことができているんじゃないかなって思います。

だけど、

しゃがんでいるだけなら
それは、座っているのと同じこと。

「桜は、満開を夢見て準備をしている」

だから、僕たち人間は
ただ、何もしないで不満を言っているのではなく、

未来を想像することが大切だと思ってます。

しゃがんだり、座っていたりすると、

中には、壁に背を向けて
逆の方向へ歩き始める人がいます。

これは、

壁に背を向けて歩き続けていけば、
いつか地球の裏側、つまり、

「壁の向こう側に辿り着ける」

って思うから。

考えてみてください。

「いつか」って来たことありますか??

そのいつかって
残念ながら訪れないんですね。

このことから
問題から目を背けてはいけない。

僕はそうやっていつも解釈するようにしてます。

それからもう一つの事実。

問題から目を背けて
それを乗り越えた人はいない。

という事です。

問題があることが問題なのではなく
解決策に焦点をあわせられない事が、問題。

 

「問題よりも解決策に焦点を合わせる。」

 

自分へのメッセージとして
ここに記録しましたが

何かの参考になれば、幸いです。


 

・知識はあるのに、それをどうやって
シゴトにすれば良いのだろう…。と悩んでいる。

・資格やスキルを持っているけど、どうやって
シゴトにしたら良いんだろう…。と悩んでいる。

・知識やスキルがあるわけではないけど
起業したい…。という想いがある…。

 

今、そんなお悩みや想いを感じているあなたへ。

すでにあなたが持っている知識やスキル、想いから
報酬が得られるシゴトを実現させる具体案を
個別相談でお伝えします。

>公式LINEで日本初のシゴト提供、はじめました【シゴトプレゼントします】

公式LINEで日本初のシゴト提供、はじめました【シゴトプレゼントします】

CTR IMG