目の前に大きな壁がやって来た時の話

From   宇部和真

大きなことを
成し遂げようとすると

その道中で大きな壁が立ちはだかること、

結構あると思います。

壁を乗り越えるためには
高く飛ぶことで

壁を乗り越えようとします。

こんな時どうするのかというと・・・

「高く飛ぶためには、しゃがむことが必要」

と、僕は教わりました。

毎年、春に満開に咲く桜のように
冬はジッとしています。

花は咲き方を知っているから、ジッとしゃがむことができているんじゃないかなって思います。

だけど、

しゃがんでいるだけなら
それは、座っているのと同じこと。

「桜は、満開を夢見て準備をしている」

だから、僕たち人間は
ただ、何もしないで不満を言っているのではなく、

未来を想像することが大切だと思ってます。

しゃがんだり、座っていたりすると、

中には、壁に背を向けて
逆の方向へ歩き始める人がいます。

これは、

壁に背を向けて歩き続けていけば、
いつか地球の裏側、つまり、

「壁の向こう側に辿り着ける」

って思うから。

考えてみてください。

「いつか」って来たことありますか??

そのいつかって
残念ながら訪れないんですね。

このことから
問題から目を背けてはいけない。

僕はそうやっていつも解釈するようにしてます。

それからもう一つの事実。

問題から目を背けて
それを乗り越えた人はいない。

という事です。

問題があることが問題なのではなく
解決策に焦点をあわせられない事が、問題。

 

「問題よりも解決策に焦点を合わせる。」

 

自分へのメッセージとして
ここに記録しましたが

何かの参考になれば、幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

誰もが実践できる「小予算でも確実に集客につなげるSNSマーケティング」を教えています。 2020年9月末〜2021年12月末までの3ヶ月間でSNSから1500人以上をLINEに集客し、シゴトが獲れるリストマーケティングを実践中。 高校卒業後、雇われない生き方がしたいと思い立ち、22歳で独立するも、シゴトの獲り方がわからず資金が底を尽きる。 その経験から、金なしコネなしスキルなしからシゴトを獲得するためのセールスコピーライティングを学ぶ。 コピーライティングを深めていく中で「個人がビジネスを持てば、雇われない生き方ができる人が増える」と確信し、個人のライフワーク・天職をシゴトにできるビジネスメソッドを開発。 ビジョンは「大切な人を大切な時に大切にできる経済的自由人を増やすこと」