AIを搭載したルームディフューザー


惹句工房アシスタント 宮本 茜です。

今回は、世界初AIを搭載したルームディフューザーをご紹介します!
その名は、“Scentee Machina”

KAKUCHO株式会社が運営するFURNISoenteeが出店しています。

Scentee Machinaは、使った香りの使用履歴から好みの香りを分析し、
毎日使えば使うほど自動で香りを選択してくれます。
また、香料は軽い超微粒子なため壁や家具、衣料品に付着せず匂いが混ざることもありません。
専用のアプリがあるため香りを予約、管理することができます。

AIがいろんな場面で活躍し始める現代。

私も、アロマディフューザー使用していますが、
疲れている日に手動で変えたりとするのが少し面倒だったりします。
どこにいてもアプリで管理したり、予約できちゃうのは魅力的です!!

あなたの疲れた一日の楽しみにきっとなる“Scentee Machina”
ぜひ、あなたのお部屋にもいかがでしょうか。

Scentee Machina

https://furni.style/brands/scentemachina

世界初AI搭載ルームディフューザー。ナノ単位の香料使用。

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。