今後一生食いっぱぐれないシゴトが持てる時代

惹句工房 代表
宇部和真です。

 

昨年、アメリカのフリーランス人口が
2020年までに2人に1人になる。

と、言われていました。

 

今回の世界的な変化で
日本でもフリーランスで働く人は
今後も急増していくでしょう。

 

アメリカの総人口のうち、
フリーランス人口が50%を超えるのには

理由があります。

 

それは、企業で働いているうちから
全職種で専門性が求められるからです。

 

そして、アメリカでは
終身雇用という概念がないので

“さっさと独立する”

そんな人が多いんですね(^_-)

 

ちなみに、アメリカの企業、
平均勤務年数は約4年と言われています。

 

そして今、

オンライン上で出来ることが増えたので

これまでにないぐらい
シゴトが作りやすくなったのも事実です。

 

今年の2月からサポートしていた方は
自分でシゴトを作った経験がありませんでした。

コロナの前から構想していた
オンラインの学習塾をスタートして

受講生を獲得。

 

さらに今、ライターの仕事までを紹介依頼のみで
獲得できた、とご報告いただきました(^_-)

凄い成長ですよね^^;

 

未経験、素人さんでも
ビジネスを立ち上げていますので

コロナだからこそって考えると、
今後一生食いっぱぐれないシゴトが持てる時代。

これ、凄いことですよ。

 

>知識やスキルをお金に変えたい方へ

知識やスキルをお金に変えたい方へ

複業クリエイターの宇部和真が 「自分に合った複業がしたい!」という方に 知識・経験・スキルを活かして複数の収入源を実現する 「複業事例」「複業実践のアドバイスメッセージ」 「複業診断会のご案内」を配信しています。 登録は無料ですので、あなたの複業ビジネスに活用してみてください。

CTR IMG