【Q&A3】集客ができません。


こんにちは。
惹句クリエイターの宇部和真です。

この記事は、宇部自身が初めてお逢いする方から
よく聞かれるご質問に答えていくテーマでお送りしています。

【Q】集客ができません。

起業家であれば、
「集客の重要さ」
とても理解しているはずです。

しかし、

そのような方に限って
私がお伝えしたいのは、

そもそも
知られるための努力を
十分行っているのか?

自分なりに、ではなく
誰が観ても集客ができて当然。
と、言えるほどの行動をしているのか?

そう聞くと、
ほとんどの起業家は、

”まだまだ足りていませんでした!”

とおっしゃります。

集客に魔法はない

今では様々な集客ツールが揃っています。

しかもそのほとんどが、タダ同然で
使える・活かせるモノです。

・Facebook
・ブログ
・メルマガ
・LINE@
・インスタグラム
・YouTube
・電子書籍

等々

挙げればキリがありません^^;

しかしながら
これらを上手に活用して
集客に結びついていない人が多いのも事実です。

私のオススメは、

1、見込み客がいつも観ているメディアを決める。
2、メディアを特定したら情報発信を行う。

”1日の8割を知られる機会づくり”

特にオススメなのは、

「ブログの活用」です。

ブログで情報発信をすることによって
あなたのことを知ってもらえる機会が増えます。

具体的には、

・検索エンジンからのアクセス
・ブログをSNSにシェアすることによるアクセス

どれだけ、
世の中にマーケティングツール
が普及しようとも、

変わらないモノ

それは、為になる情報(自分の問題を解決してくれる人)
「人は集まる」と言うことです。

集客とは、
結局「情報発信の数」なのだと
私は確信しています。

そして情報発信をする際には
「言葉のチカラ」がとても関係してきます。

どれだけ動画の時代と言われても
そのコンテンツを生み出す為に必要なスクリプトは
動画であっても「活字媒体」なのです。

集客ができる3つのステップ
(情報発信から集客に至るまで)

【1】メディア選定
あなたのお客様を惹き寄せるメディアを作る

【2】提供コンテンツの作成
お客様の問題を解決する問題解決型の記事を量産する

【3】行動の指示=導線
投稿の文末に、何かしらの体験価値を提供できる
ご相談窓口やお問い合わせフォームを配置する

特に重要なのは、
【2】提供コンテンツの作成です。

「集客ができない」

もしそのような状況にあるのだとすれば
そもそも情報発信が足りていない場合がほとんどです。

自分なりにではなく
誰が観ても誰よりも情報発信をすること。

ブログを集客メディアとして
活用したいという方は

『後払いコンサルティング』個別相談会で
お話ししております。

情報収集・オンラインスクール ・無料相談はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。