複業(パラレルワーキング)とは?本業を持ちながら複数の収入源構築ができる時代

本業を持ちながら複数の収入源を持つ「複業(パラレルワーキング)」が当たり前の時代に。

ペン1本で複数の収入源構築&売上UPができる
惹句工房代表 複業クリエイター

宇部和真デス

 

今、私たちの環境は

「働き方改革」
「人生100年時代」
「コロナとの戦い」

これからの働き方に大きな変化がやってきます。

そのポイントとして「インターネットの進化」は
誰もが無視できない時代の変化ですよね。

・在宅勤務
・リモートワーク

によって

在宅でミーティングに参加するといったことが可能になったのは
まさに「インターネットの進化」があるからです。

そして、もう間も無く、本格的に超高速インターネット環境の5Gも普及してきます。

 

このような時代の新しい働き方「複業(パラレルワーキング)」とは何か?をお伝えしていきます。

複業(パラレルワーキング)の第一目的

「あなたが複業をする理由はなんですか?」

複業の第一目的がお金

という人は多いと思います。

私はお金持ちになるためにお金を稼ぐのではなく、お金と仲間と時間の3つを手に入れるために「複業(パラレルワーキングスタイル)」をおすすめしたいのです。

 

年に1回しか好きな場所に旅行に行けないのではなく、好きなときに好きな場所で好きなだけ

「遊ぶようにシゴトをし、シゴトをするように遊ぶ」

そんな複業(パラレルワーキング)の作り方を教えています。

複業(パラレルワーキング)のメリット・デメリット

次に、複業をするメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

▶︎複業のメリット

「本当にやりたいこと」ができる

本業で生活するための収入を得ながら「自分が本当にやりたいこと」ができるのが複業。

会社員生活だけでは安定した収入を得られる代わりに「やりたくない仕事」もたくさんしなければなりません。

▶︎複業のデメリット

「時間」と「労力」が必要

本業を持ちながら、複業も100%でやると、どちらも中途半端になりがちです。

「自分ができることはどこまでか?」を見極めるために最初は、少しづつシゴトを増やすといいでしょう。

どのようなシゴトでもメリット・デメリットはありますが「複業(パラレルワーキング)」では、それらが受け入れられる範囲であれば、やってみる価値はあるはずです(^0_0^)

起業したい人も複業(パラレルワーキング)からはじめた方がいい理由

これまでいろんな起業家にお会いする中で、事業を継続するための「肝」つまり、重要なポイントに気づきました。

「実は会社員を続けながら、講師業をしているんですよ」と、本業と複業2枚の名刺をいただくことがあります。

当初は、本業しながら複業を持っているのはすごいことだなあと思っていたのですが、私自身の起業年数が8年にもなった時にその理由がしみじみわかるようになりました。

複業(パラレルワーキング)からはじめた方がいい理由①

▶︎ 起業すると、売上よりも支出が多い時もある」

複業(パラレルワーキング)からはじめた方がいい理由②

▶︎「複業時代には何か1つの事業に絞る必要はない」

複業(パラレルワーキング)からはじめた方がいい理由③

▶︎「複数の収入源があれば、1つダメになっても他の収入で補える」

 

実際に、
日本政策金融公庫が行った
「2016年度 起業と起業意識に関する調査」によれば
起業した人のうち、副業(複業)からはじめた人は

27,5%を占めます。

 

起業した人の4人に1人が
副業(複業)からスタートしているんですね!

 

また同じ調査では
起業家のうち「本業として起業した人」と
「副業(複業)で起業して、そのまま本業にした人」を比較した結果・・・

 

業績が良い傾向があるのは

「副業(複業)で起業して、そのまま本業にした人」

だったそうです。

 

1つの本業があるうちに、複数の収入源構築にチャレンジしながら余裕をもって準備をすれば、結果的に起業して成功することができます。

自分の専門分野を深めれば、複業に定年はない

話題になった方として、80代でプログラミングを学んで2017年にスマートフォンアプリを開発した若宮正子さんをご存知ですか?

定年まで銀行に勤めた若宮さんは、58歳の時にパソコンを購入したそうです。

それから独学でプログラミングを習得しゲームアプリ「hinadan」を開発したのが

なんと、81歳の時!!

 

60歳で新しいことにチャレンジして
80代まで続けるなんて素敵ですよね。

 

複業家として「生業」を楽しみながら生きていく。

 

「人生100年時代」

 

といわれる時代に私たちが目指す姿は
このような道なのかもしれませんね(^_-)

副業と複業の境目がもうすぐ無くなる!?

2019年多くの企業が副業解禁。

2020年もコロナの影響もあって、社員の雇用を約束できなかった会社は次々に「副業を推奨」するようになりました。

これからは、10代から80代までの働く人にとっては副業・複業を持つことが当たり前になってくると思います。

 

一方で、副業・複業の境目も無くなっていくでしょう。

本業とは別のアルバイトなどの副業は、長く継続することは難しいですが、自分が心からチャレンジしたいことを副業としてチャレンジできる複業は、しっかりやっていけば、自分自身の中で本業と同じ位置付けとなっていきます。

 

「複業ではじめたけど、今では片手間では無く、本業です!」

 

そういう人も実際に増えています。

 

複業をはじめて、複数の収入源を構築している人は、本業とのダブルワーク、どちらも本業という位置付けになることが想像できますね!

 

あなたも

複数の収入源を実現できる
「パラレルワーキングスタイル」

一緒に形にしませんか?

>知識やスキルをお金に変えたい方へ

知識やスキルをお金に変えたい方へ

複業クリエイターの宇部和真が 「自分に合った複業がしたい!」という方に 知識・経験・スキルを活かして複数の収入源を実現する 「複業事例」「複業実践のアドバイスメッセージ」 「複業診断会のご案内」を配信しています。 登録は無料ですので、あなたの複業ビジネスに活用してみてください。

CTR IMG