【Q&A4】アイデアを出せるようになるためにはどうしたら良いですか?


こんにちは。
惹句クリエイターの宇部和真です。

この記事は、宇部自身が初めてお逢いする方から
よく聞かれるご質問に答えていくテーマでお送りしています。

【Q】アイデアを出せるようになるためにはどうしたら良いですか?

 

誰しもが自分が取り組んでいるビジネスを大きくしたり
自分が好きで得意なことでシゴトを創り出したい。

と望むものですよね?

であるならば、
アイデアを出せる人に成りましょう!!

かの有名なアイデアの神様である

ジェームス W.ヤング氏の著書
「アイデアの作り方」

この本にはアイデアを生み出すための考え方が
シェアされています。

「アイデアとは、既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」

つまり、全く新しいアイデア、革新的なアイデア
というのは、既にあるモノ同士を組み合わせることによって

生まれる!

という教えです。

 

そして、アイデアを組み合わせるには

「大量のインプット」

が必要になります。

これら、知識知識の組み合わせが
アイデアを生み出す思考法と言われています。

 

たとえば私の場合、

 

やりたいことを考える

どうしたら実現できるのかを書き出す

必要な情報を大量インプット(専門書やウェブの情報)

アイデアが湧く

やりたいことのイメージが完成する

目標を掲げ期日を決める

実行

 

というように
アイデアの前後には
このような流れになっています。

アイデアが湧いてこなかったり
具体的にやりたいことのイメージができないときは

ほとんどの場合が
この「大量インプット」が足りていないんです。

つまり、もっともっとやりたいことに対して
それはどうすればできるのか?を勉強〜研究しましょう!

ということです。

 

自分が興味を持てる分野であれば、
とことん勉強〜研究ができると思います。

しかも今の時代なら、
自分が知りたいと思ったことは、

すぐに調べられる時代ですよね??

 

だから尚更、

夢や目標を達成させるために大量のインプットを行い
アイデアを出すことができるレベルまで

自分を鍛える。

 

その繰り返しで
知識と知識が組み合わさった
革新的なアイデアをポンポンと
生み出せるようになります。

 

大量インプットから
革新的なアイデアへ

 

宇部和真から直接
ビジネスアイデアが欲しい!
という方は、、

メールマガジンにご登録ください。

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。