複業ヒント『話を聴かせる時の切り出し方』

【ヒント】

お客さんに話を聴いてもらいたい時は
「実は…」と切り出す。

【解説】

語りだしで「実は…」と切り出すだけで、
お客さんは続きを聴く姿勢に変わる。

例)

「実は、○○が間違っていることを
ご存知でしたか?」

>知識やスキルをお金に変えたい方へ

知識やスキルをお金に変えたい方へ

複業クリエイターの宇部和真が 「自分に合った複業がしたい!」という方に 知識・経験・スキルを活かして複数の収入源を実現する 「複業事例」「複業実践のアドバイスメッセージ」 「複業診断会のご案内」を配信しています。 登録は無料ですので、あなたの複業ビジネスに活用してみてください。

CTR IMG