見込み客をお客さんに変える方法


From 宇部和真

本日も、売り込まずに売れるようになりたい起業家・起業準備中の方に
高確率でお客さんを増やす方法やアイデアをお伝えします。

ホームページもある。ブログも書いている。SNSで宣伝もしている…。だけどお客さんがやってこない。こういう状態に陥ってしまう時期というのは誰しもが経験があることだと思います。

提供しているサービスのクオリティーも、サポート方法も充実しているし、ウチのサービスは絶対にお客さんに喜ばれるモノのはず・・・。なのに、

なぜ、売れないのか?

売れない原因はたった1つ

その原因とは、・・・“なぜあなたから買うべきなのか?”の言語化。

ほとんどの起業家は、自分の商品が優れている説明をしています。いくらこの商品が良いと言っても、今の時代、他と同じような商品やサービスがごまんとある中では人を動かすことはできません。

これは「伝える」と「伝わる」の違いでもあります。

そして僕たち起業家が覚えておくべきなのは、お客さんはいつも、自分の問題を解決してくれるベストな商品やサービスを探しているということです。そして、お客さんからしてみれば「どこで買っても同じに見える。」という大前提を持ってビジネスをしなければいけません。

あなたが整体の先生であれ、コンサルタント・コーチであれ、いつもお客さんは他とどう違うのか?本当に自分の問題を解決してくれるのか?という“ジャッジ”を一瞬で行っています。しかも無意識に…。

ではどうすれば、見込み客のジャッジを一瞬にして獲得できるのか?

商品説明よりも大事なこと

つまり、“理由を言語化”するということです。
あなたの商品が優れている理由をキャッチコピー化すればOK。

なぜ、キャッチコピーが必要なのか?というと「お客さんは自分の問題を解決するためにお金を払いたがっている」ので、その人たちから見て、「これだ!」と思えるような「決め手」が必要となります。

ほとんどの人が、売上アップを得意とするコンサルタントです。や、
東京都新宿区で整体をやっている○○整体の▲▲です。という、ありきたりなキャッチコピーです。

あなたの商品が優れている理由を言語化するには、
「その商品を購入した後にどんな未来がやってくるのか?」という“決め手”を定義すること。

あなたが、売上をアップさせるコンサルタントなら、
それができる理由を語ってください。

たとえば、

「スマホユーザーを
365日24時間お客さんに変えることができる
全自動集客アップコンサルタント」

あなたが、スマホによる体の異常を取り除ける整体院の先生なら、
それができる理由を語ってください。

たとえば、

「スマホ疲れからくる目の痛みを
1回で解消できる整体院」

商品を説明してもお客さんはやってこないってことです。
お客さんは、”理由”を語ることであなたのところにやってきてくれます。

キャッチコピーがなかったり曖昧であれば、
FacebookやYouTubeをやってもやっても…という状態になるのは
わかると思います。

ー宇部和真

PS

もし、売れる表現を磨きたい、もっと集客したい、
と悩んでいるのであれば…こちらの無料メルマガにご登録を👇

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。