講師業からスタートして起業・複業をしたい方へ「スクールビジネスのススメ」


From 宇部和真

今回の動画は、講師業からスタートして、起業・複業したいという方に向けて
スクールビジネスとは何か?についてお話ししたいと思います。

たとえば、管理栄養士として
保育園で給食を作っていた、という経験を活かして
料理教室で起業したい、というご相談に対して、僕は、

単体での料理教室ではなく、

スクールビジネス化させることを目標にプランニングをします。

スクールビジネス化させることで、単発の売上ではなく
継続的に学べる講座形式にすることによって、

単価を上げる。リピート購入を増やす。

ということができるからです。

 

つまり、あなたの好きなことや得意なことを

それを学んでみたいという方に向けて、教育カリキュラムを作るんです。

そうすることで技術習得や、知識を補充したいという方は
継続して受講することで、「こんな風になれる!」「こんなことができるようになる!」

といった、継続する理由が必然的に生まれてきます。

 

継続型のコンテンツを作ることで、

単価を上げる。リピート購入を増やす。

それができるのが、スクール型のビジネスということです。

・・・

月収50万円も夢じゃない!教えることをシゴトにするには?

↓↓↓

ー宇部和真

PS

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。