起業成功編 失敗しない起業4原則とは?


From 宇部和真

今回のテーマは「失敗しない起業4原則とは」について解説していきます。

起業で失敗しないためには、この4つを押さえておけばOKです。

1つ目は、利益率の高いビジネスを選ぶということです。

例えば、飲食ビジネスで言えば、
利益率が2割〜3割と言われています。

10000円の売上が立っても、
手元に残る金額は2000円〜3000円ということです。

これでは、薄利多売となってしまうので、
より多くの集客力が必要になり、息切れするビジネスとなってしまいます。

だからこそ、利益率7割以上のビジネスを選ぶというのが賢明です。

僕の場合は、コピーライターというビジネスで独立したので
経費100円のボールペンという、利益率が9割を超えるビジネスでスタートしました。

そのおかげで、売上=利益 というシゴトを手に入れることができたので、
非常にビジネスとして健全なビジネスができました。

そして2つ目は、

○○を持たないビジネスを選ぶ

↓↓↓

 

ー宇部和真

PS

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。