起業に向いている人・難しい人「20代で起業1年目の場合」

From 宇部和真

今回も雇われない生き方を目指すあなたにヒントやアイデアをお伝えしていきます。

テーマは、「起業に向いている人・難しい人の違い」です。

僕は22歳で起業しまして7年目になります。

高校卒業後、フリーターから22歳で独立をして、現在7年目。

これまでに、コンサルタントとしては、
起業家、起業準備者の方々から述べ2000人を超えるご相談を受けてきました。

その中で、僕が気づいたポイントです。

結論から言うと、
起業に向いている人は、

勉強熱心で、挑戦心がある方です。

20代・起業1年目という時期は、本当に知らないことが多いです。

20代で起業される方、起業して1年目の方においては、
とにかく「学ぶ」ということを習慣化すると良いと思っています。

とにかく勉強して、誰よりも自分が起業するテーマに対して知識をつけること。

20代はこれが全てです。

そして、知識を持ったら次に、何かに向かって挑戦することが大切です。

・・・

成功哲学よりも大切なこと

↓↓↓

 

ー宇部和真

PS

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

誰もが実践できる「小予算でも確実に集客につなげるSNSマーケティング」を教えています。 2020年9月末〜2021年12月末までの3ヶ月間でSNSから1500人以上をLINEに集客し、シゴトが獲れるリストマーケティングを実践中。 高校卒業後、雇われない生き方がしたいと思い立ち、22歳で独立するも、シゴトの獲り方がわからず資金が底を尽きる。 その経験から、金なしコネなしスキルなしからシゴトを獲得するためのセールスコピーライティングを学ぶ。 コピーライティングを深めていく中で「個人がビジネスを持てば、雇われない生き方ができる人が増える」と確信し、個人のライフワーク・天職をシゴトにできるビジネスメソッドを開発。 ビジョンは「大切な人を大切な時に大切にできる経済的自由人を増やすこと」