ビジネスで得られる報酬は、誰のどんなお役に立つことができたのかで決まる


From 宇部和真

今回のテーマは、「ビジネスで得られる報酬は、誰のどんなお役に立つことができたのかで決まる」

ビジネスを始めると、結果が大事です。

 

会社員から独立される方であれば、

会社に行けばお給料がもらえましたよね?

 

つまり、行動に対して、報酬が支払われているということです。

 

しかし起業家というのは、結果を出さなければ、収入はゼロ。

 

では、結果という報酬を作るためには、

自分ができること、得意なこと、人の役に立つことを考えて

自分のスキル(価値)をお金に変えるということ。

 

今、ビジネスで得られる報酬が思うように上がっていないのだとすると

あなたの仕事の仕方を変える必要があるかもしれません。

・・・

起業家の報酬を上げる方法

↓↓↓

 

ー宇部和真

PS

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。