オンラインで仕事をする方法 5/5【ネットバンク&電子契約書サービス(クラウドサイン)を活用】

From 宇部和真

今回のテーマは、オンラインで仕事をする方法 5/5「ネットバンクや電子契約書サービスを活用」です。

オンラインで仕事をするということは、

お客さんを獲得して契約になるということになりますので

振込先の口座を準備しておくことをお勧めします。

 

自分で事業を始めると、ほとんどの個人事業主は、個人口座しかありませんが、

しっかりと、屋号入りの個人事業主用の口座を作っておきましょう。

 

そして、ネットバンクに対応している銀行も増えています。

スマホから入金確認ができたり、送金ができるのでわざわざ銀行に行く手間も省けます。

 

それから契約書。

電子契約書サービスというのがあります。

 

クラウドサインというサービスですが

これは、契約書をメール1通、ネット上で完結するサービスです。

 

これがあれば、契約書を発行・発送することも必要もありませんし、

非常にエコなビジネスが自宅でできるようになります。

・・・

ネットバンクや電子契約書サービスを活用しよう!

↓↓↓

 

ー宇部和真

PS

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は、起業準備の完全マップ【起業準備・稼ぐ起業マインド:34記事で解説】を参考にするか、僕の【 公式ライン@にご登録 】して、引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

誰もが実践できる「小予算でも確実に集客につなげるSNSマーケティング」を教えています。 2020年9月末〜2021年12月末までの3ヶ月間でSNSから1500人以上をLINEに集客し、シゴトが獲れるリストマーケティングを実践中。 高校卒業後、雇われない生き方がしたいと思い立ち、22歳で独立するも、シゴトの獲り方がわからず資金が底を尽きる。 その経験から、金なしコネなしスキルなしからシゴトを獲得するためのセールスコピーライティングを学ぶ。 コピーライティングを深めていく中で「個人がビジネスを持てば、雇われない生き方ができる人が増える」と確信し、個人のライフワーク・天職をシゴトにできるビジネスメソッドを開発。 ビジョンは「大切な人を大切な時に大切にできる経済的自由人を増やすこと」