夢や目標が叶わないのは、願望と現状のギャップを埋める方法を知らないだけです。


From   宇部和真

日々様々な問題や課題をお持ちの方が、ご相談にいらっしゃいます。

夢がある。目標がある。だけど、どうやって行動すれば良いのか?何を選択すれば良いのか?
願望と現状のギャップをどう埋めたら良いのかが見えていない。

 

ビジネスを始めると、常にこの繰り返しです。

 

目標を掲げて、その実現に生じているギャップを埋めるための行動を選択する。
その過程を埋める今の連続が、人の進化成長なのだと思います(^0_0^)

 

今日は、8ヶ月後までに、自分ビジネスで
「月収25万円を実現したい!」という方からのご相談に乗らせていただきました。

 

自分の好きなこと、得意なことで「雇われない生き方」を実現する。

やる理由も明確。想いもある。

あとは、その実現に向けて“動くだけ”。

今、そんな状態の方でした。

 

僕のシゴトは、あなたの夢や目標を実現達成させるためのプランを組み、
成功に必要な行動を一緒に考え、段取りを提案する事です。

その度、成功要因を見つけ出すために世の中の問題や競合他社のリサーチを行います。

 

そうすると、実に様々な方法や選択肢が存在しています。
( 本当に便利な世の中ですね^^; )

 

だけど多くの人は、

「何が正しい情報なのか?」
「自分にはどんな方法があっているのか?」

悩みを抱えています。

実際に僕がシゴトをする際にリサーチで意識している順番をシェアします。

自分自身で、
必要な情報を正しく選択するチカラは

どのように身に付けるのか?

 

実際に夢や目標を達成させるためのプランを組む時や
情報をリサーチする時、クライアントさんに企画提案する際にやっていることは

以下の3つのステップで行っています。

 

1、理想と現実までの間には、どれぐらいのギャップ(知識やスキル・行動が必要?)が存在しているのか?

まずは現状を把握すること。

現状を知ることで、適切な段取りを組むことができます。

地図で言えば、現在地から目的地までの距離となります。
現在地から見て、目的地までの距離がわかれば、適切な手段が見えてきます。

 

距離が近ければ、問題ではありませんが、
あまりにも現在地から目的地が遠い場所にあるとすれば

歩くよりも自転車。
自転車よりも車。
車よりも電車。
電車よりも飛行機。

 

このように、

目的地までのギャップを正確に把握することで
適切な方法が見つかってくるのです。

 

ビジネスでいうと、ホームページを作るという目的があれば、

自分で作るか、業者に頼むか。

予算がないのであれば、自分で作らなければいけませんし、
予算に余裕があれば、プロに依頼する。

 

理想と現実のギャップをどのように埋めるのかは、現状次第で変わるということです。

 

2、理想と現実までのギャップを埋めるために、今何が問題となっているのか?

目標を達成できていない理由です。

何かを始めたら、その度に様々な壁が現れますよね?
その壁を越えなければいけない時って、誰しも経験があるかと思います。

その壁を越える。もしくは、壊すにはどうしたら良いのか?
ということを考えていく必要があります。

 

答えは簡単です。

・・・

「すでに、その壁を乗り越えた人にアドバイスをもらうこと。」

 

あなたが悩んでいることのほとんどは、過去にどこかの誰かが解決しています。

だから、同じような問題や課題を抱えていて、
それをどうやって乗り越えたのか?

「できている人に教わる。」

そうすると、自分であれもこれも悩んでいる時間がなくなり、
理想までのショートカットができます。

 

できている人に聞いてみたり、事例を知ること
それが、問題解決の一番の近道です。

 

理想の月収は100万円。
現実は月収20万円。

だとすればですよ?

 

月収100万円を達成した人にアドバイスをもらったり、
経験談を聞くことで見えてきそうじゃないですか?

理想と現実のギャップを埋めることができる
ヒントが得られそうですよね?

 

ネットでリサーチをするのも良いと思いますが、

最大の情報は、・・・

人に聞くこと。

 

当たり前ですが、これが最も有益な情報だったりします(^0_0^)

 

月収100万円を実現した人には、月収100万円を実現できた理由があります。
逆に、月収100万円が未達なら、未達の理由は必ずある。

そのギャップはどうすれば埋め切ることができるのかは、
ぜひ、それができている人(その道の専門家・プロフェッショナル)に

聞いちゃいましょう!

 

3、あと何があれば、そのギャップを埋められるのか?

適切な逆算。

・理想と現実のギャップはどれぐらいか?
・問題解決の方法は?

そこまで見えればあとは、実行プランです。

 

目標が月収25万円 現実は10万円。

そのギャップは、15万円。

 

このギャップは、

今からどんな行動をとって
何から始めたらギャップを埋め切ることができるでしょうか?

 

そこまで見えたら、あとは、
やるべきことを洗い出し、やるべき期日を設定し、
やり切れる達成スケジュールを決める。

その結果を振り返って、理想と現実はどれぐらい縮まったのか?
達成に至るまでにどんな課題が生じたのか?

あと何があれば問題は解決し、ギャップを完全に埋め切れるのか?

 

これを繰り返し行うことで、理想の結果は
みるみる内にあなたの手に取れるところまで見えてくるはずです。

 

失敗が大好きな人は、一人でなんでもやろうとする人。
成功できる人は、できるだけ多くの人の力を借りられる勇気がある人。

この差はとっても大きいですよ(^_-)

 

最後に

「悩むには人生は短すぎる。」

悩むことは決して悪いことではありません。
悩むというのは、今、目の前にある選択肢が多いというだけです。

 

だけど、悩む前に進む相談ができる相手がいることで、
多くの問題や課題は、時間をかけずにクリアすることができます。

 

夢や目標もある。だけど、
思うように行動ができていないという方は、

個別相談会『オーダーメイドコンサルティング』でお待ちしています(^_-)

詳細はこちら

期間限定プレゼント企画

書店では手に入らない!
「売れる言葉づくりの強化書」
期間限定プレゼント中!
(本プレゼント企画は予告無く終了する場合があります)

ABOUTこの記事をかいた人

宇部 和真

コンビニアルバイターから22歳でコピーライターの道で起業。2016年 惹句工房 設立。現在は「起業家支援事業」「ジョイントベンチャー事業」「起業家・経営者の事例メディア事業」の3つの柱で事業を展開しています。7年間で延べ2000人以上の起業家・経営者のビジネスに関する問題解決を行い、クライアントの売上アップ平均7倍を達成。自身が行うビジネス全てからの売上は、20代で1億円を達成。現在は、法人化を目指す起業家や、年収1000万円以上を目指す社長のビジネスモデルに関する企画立案、オーダーメイドな企画書のコンサルティング/プロデュースを行う。