TAG

個人事業主

【2020年】これから、起業家はどう変わるべきか?

惹句工房 代表 宇部和真です。   これまでたくさんの 起業家、起業家の卵をプロデュース してきました。   中には、 月収100万円から 月商1000万円クラスの 起業家をゼロから育成・輩出してきました。   この方々は、 なぜ「稼げる個人」になったのか?   それは、 テクニックを 身につけたわけでも ノウハウといった 方法論を教えたわけでもありません。 […]

決断力の磨き方【決断力は、自己投資額で磨かれる】

From 宇部和真 今回のテーマは、「決断力の磨き方」です。 あなたは決断力は高い方でしょうか?それとも低いでしょうか?   僕が考える決断力というのは、読んで字のごとくで、退路を立つという定義をしています。   だけど、ほとんどの人が決断ではなく決心をしています。 決心というのは何かというと、心に決めると書くように 3歩進んで3歩下がるという状態です。   決断とい […]

セルフイメージを極限移行させる方法【セルフイメージの高い人たちと付き合うこと】

From 宇部和真 今回のテーマは、「セルフイメージを極限移行させる方法」です。 僕が起業した当初は、ものすごくセルフイメージが低かったです。 どれぐらい低かったかというと、「声が小さくて何度も聞き返されるぐらい」です^^;   とにかく何をするにも、自分にはできるのだろうかという不安ばかりが先行していた時期がありました。   だけど、そこから、70人、100人規模のイベントを […]

複業(副業)から始めてノーリスクで個人事業主を目指す方法

From 宇部和真 雇われない生き方を目指すあなたにヒントやアイデアをお伝えします。 今回のテーマは、「複業(副業)から始めてノーリスクで個人事業主を目指す方法」です。   僕がお伝えしているのは、副業ではなく“複業”です。 1つの収入源だけではなく、複数のキャッシュポイントを作っていく時代になってきているんじゃないかなと思っています。   複業としてキャッシュポイントを作って […]

起業に向いている人・難しい人「20代で起業1年目の場合」

From 宇部和真 今回も雇われない生き方を目指すあなたにヒントやアイデアをお伝えしていきます。 テーマは、「起業に向いている人・難しい人の違い」です。 僕は22歳で起業しまして7年目になります。 高校卒業後、フリーターから22歳で独立をして、現在7年目。 これまでに、コンサルタントとしては、 起業家、起業準備者の方々から述べ2000人を超えるご相談を受けてきました。 その中で、僕が気づいたポイン […]

先行者利益を獲得したい方へ「時代の流れを先読みするリサーチ方法とは?」

From 宇部和真 今回のテーマは「時代の流れをリサーチする方法」です。 どんな人に役立つ内容なのかというと、自分にしかできないビジネスを誰よりも先に作って、先行者利益を得たい人にオススメです。 結論から言うと、時代の流れを先読みするには 「アメリカの時流をすること」 をオススメします。   なぜアメリカなのかと言うと、・・・ ほとんどのトレンド(情報)は、アメリカから日本にやってきてい […]

個人起業家が売るべきなのは、商品ではなく○○

From 宇部和真 今回も雇われない生き方を目指している方にヒントやアイデアをお話しさせていただきます。 今回のテーマは「起業家が売るべきなのは、商品ではなく○○」です。   個人起業家の方は、すでに商品をお持ちだと思います。 そして、その商品が売れなくて困っている。なぜか、契約につながらない・・・。 なんで?? そう思っている方は、ぜひこのポイントを押さえてください。   個 […]

リサーチ編 情報収集のポイントを押さえて話のネタを生み出す方法

From 宇部和真 今日も雇われない生き方を目指すあなたにヒントやアイデアをお届けしたいと思います。 今日のテーマはリサーチ編「情報収集のポイントを押さえて話のネタを生み出す方法」です。 情報爆発時代、・・・と言われている今、 情報を選ぶということが難しくなっているのではないかなと思います。 まず、情報収集のポイントに関して言うと、 基本的に「習慣」が大切です。 普段自分がどんなことに時間を使って […]

起業成功編 失敗しない起業4原則とは?

From 宇部和真 今回のテーマは「失敗しない起業4原則とは」について解説していきます。 起業で失敗しないためには、この4つを押さえておけばOKです。 1つ目は、利益率の高いビジネスを選ぶということです。 例えば、飲食ビジネスで言えば、 利益率が2割〜3割と言われています。 10000円の売上が立っても、 手元に残る金額は2000円〜3000円ということです。 これでは、薄利多売となってしまうので […]